ぱかたろぐ

なんかもふもふ言ってます

鼻、焼いてきました。~下鼻甲介粘膜焼灼術【手術当日】~

f:id:pakataro:20171120215223j:plain

こんにちは、ぱかたろです。

突然ですが、僕は長年

後鼻漏

という症状で悩んでいます。後鼻漏ってなに??って方もたくさんいると思いますが、

鼻がのどに流れる症状は後鼻漏(こうびろう)と呼ばれます。鼻水の一部がのどに回るのは誰にもある生理的な現象ですが、その量が多くなったり粘りが強くなってべったり付着したりすると不快感を伴います。
鼻の症状:耳鼻咽喉科・頭頸部外科が扱う代表的な病気【症状から調べる】:一般社団法人 日本耳鼻咽喉科学会

という感じで、とにかく気持ち悪いのです( ノД`)
僕と同じように悩んでいる方はいますか??

もう5年近い付き合いですから、なんかもう腐れ縁の友人みたいです(笑)

なかなか人にも理解してもらえないし、この症状のつらさがわかる人がいたらすぐに友達になれるんじゃなかろうか。
と思う今日このごろ。
これまでいろんな病院でいろんな治療を試したり、インターネットで嫌というほど調べたりしてきましたが、
一向に治る気配もない!!
ということで、新たな治療を試してきました。その名も

下鼻甲介粘膜焼灼術

なんか強そうですね(笑)
「かびこうかいねんまくしょうしゃくじゅつ」と読みます。読んだらたぶん噛みます。

これまで人に症状を言うことははばかられてきましたが、
だからこそ!同じような悩みを持ってる人がいたとして、その方のささやかなヒントにでもなればと経過をつづっていきます。

下鼻甲介粘膜焼灼術とは??

鼻の粘膜をレーザーで焼いて、鼻づまり、鼻水、くしゃみなどをおさえるぜ!っていう手術です。
長年鼻炎で悩んでいる方や、年中鼻がつまってるよという方に行う手術のようです。
これをすることでかつてないほどに鼻の通りがよくなった!という人もいれば、効果が薄い人もいるようです。


下鼻甲介ってどこかというと
f:id:pakataro:20171020224118j:plain

鼻腔(びくう)とは - コトバンク

そう、この明太子みたいな部分です。一番下の。



外来で手術することができ、その日のうちに帰れるので、
手術としてのハードルはだいぶ低いかなと。
サラリーマンの人でも半休とれば余裕で受けられると思います。



施術していただいた先生曰く、

「まぁ、よく言えば焼肉ですよ」

とのことでした。
なんか期待できそうです。(ほんとに?)



手術の流れなど

まず、麻酔をしみこませたガーゼを鼻の奥までグイグイィィと押し込まれます。
でそのまま15分ほど放置。
そしてまたガーゼを取り換えて15分放置。
これはちょっとだけ痛いかな?っていう程度。
そんなに苦痛ではなかったです。

調べてみたら麻酔は一回だけっていうのが多かったので、
手術の時に痛くならないように入念にやっていただいたようです。

その後、
「このレーザー、けっこう痛いんだよね~」
という脅しも入りつつ、いざ本番のレーザー照射です。

先生も話しながらリラックスムードを作ってくれて、わりと楽な気持ちで手術を終えることができました。

かかった時間は、だいだい両鼻で10分くらいでした。
待機していた時間を合わせても1時間前後かなという感じです。


痛みは・・・?

みんな気になるであろう痛みについてですが、
手術そのものは思っていたより全然痛くはなかったです。
麻酔がしっかり効いているみたい。

2ヶ月ほど前には扁桃腺摘出術をしてもらっていたのですが、
それに比べれば拍子抜けするくらいあっさりな手術でした。

扁桃腺・・あれは痛かった(´;ω;`)
また機会があればその時のことも書こうと思います。

バチッ!とレーザーを照射するたびに軽い衝撃があったのですが、そっちのほうがびっくりしました。

術後の経過について

術後すぐの時間帯はまだ麻酔の影響もあるのか鼻のとおりもよく、ルンルン気分で帰宅しました。
なんかこのままさらっと治っちゃうんじゃないかと思うくらいです。

術後3時間経ったくらいからだんだん麻酔が切れてきたのか
鼻の違和感が強くなってきます。
はじめはツーンとしてきて、しだいに軽くジンジンするような状態です。
まぁでも「痛い」というようなことはないのですが、
鼻づまりもしだいにひどくなってきて、地味につらい状態になってきます。
いわゆるダウンタイムというやつですね。

次第に鼻がまったく通らなくなり、
強く鼻はかまないでと言われていたため鼻をかむこともできず、
完全口呼吸モードです。

その日の夜はさすがに少し寝付きにくい感じでした。

おわりに

まだ初日なので状態は良くないですが、
いろいろ見ていたら1週間ほどでこの鼻づまり、鼻水も解消するようですし、
新鮮な空気をこれでもかと吸引できる日が待ち遠しいです。

ちなみに今回かかった金額は3,550円でした。
思ってたよりめちゃ安い。
高くても数千円くらいでできるようです。

その後の経過については、また後日書こうと思います。

あと、一番の悩みである後鼻漏についてもいつかまとめようと思っています。

それでは、また。


その後の経過についてはこちら!

pakataro.hatenablog.com
pakataro.hatenablog.com