ぱかたろぐ

なんかもふもふ言ってます

鼻、焼いてきました。~下鼻甲介粘膜焼灼術【手術後2日目、3日目】~

こんにちは、ぱかたろです。

先日鼻の粘膜をレーザーで焼くという手術を受けまして

 

まだの方はこちら↓からどうぞ

pakataro.hatenablog.com

その後をつづっていきたいと思います。

経過やいかに!?

 

※鼻水の描写を書いているため、嫌な方はご注意ください。

 

 

 

術後2日目

このあたりからは少し辛抱の時間のようです。

というのも

とにかく鼻がつまる

鼻水がとまらない

かさぶたができる

鼻呼吸ができない(強制口呼吸)

というところでしょうか。

 

「鼻は強くかまないでね。」と言われていたので、2日目はその言葉を

アホみたいに忠実に守りすぎて

いっさい鼻をかみませんでした(笑)

どうしても流れてくる鼻水だけティッシュでふき取るというように。

ポケットティッシュのありがたみを感じました。

 

どんな感じの鼻水が出るかというと

サラッとした薄い茶色?みたいな鼻水がしょっちゅうツーって流れて出てくる感じ。

奥のほうではかさぶただったり鼻水だったりがに詰まりまくっています。

 

そして、それが固まったものが次第にでてくるようになるのですが、

初めてみたときはこう思いました。

・・・琥珀っぽい(実物見たことありませんが)

f:id:pakataro:20171022213010j:plain

 

 ※あくまでイメージです。

 

なんとなく自分ルールで2日目のお風呂の時から鼻をかんでもいいと決めていたので

お風呂のときに少しすっきりすることができました。

ただそれもちょっとの間で、すぐまた詰まるという状態です。

 

2日目の夜もやはり鼻が詰まって寝苦しく、口の中が激しく乾燥しました。

 鼻づまり対策をちゃんとしなかったのが悪いのですが(笑)

 

術後3日目

 

この日は術後の経過を見るために朝から診察でした。

その時に詰まっていたかさぶたやら、鼻水やらをきれいに吸引してもらいまして、

ずいぶんすっきりすることができました。

 

「これがかさぶただよ。」と先生に見せてもらったものは、

まるで鼻水みたいにぶよんぶよんしていました。

かさぶたって聞くとパリッと固まったやつを想像していたのでちょっとびっくり。

 

そういえば奥に鼻水詰まってるのに、全然出せないなーと思っていたのは、

実はぶよんぶよんのかさぶただったのかもしれません。

 

そして、手術当日にしたように麻酔のしみこんだガーゼを鼻につっこんで

しばらく15分ほど待機。

ガーゼを抜いて、その日診察終了でまた一週間後とのこと。

 

で、ここからまた鼻水の描写ですが、

3日目からは血がまじったような鼻水が出るようになりました。

 

はじめは水っぽい状態で出るのですが、

こちらも次第に鼻の中で固まってきます。

それが出てきた時、こう思いました。

・・・いちごジャムっぽい

 

f:id:pakataro:20171022214903j:plain

 

※あくまでイメージです。悪しからず。

 

透明っぽい赤い鼻水に、それが固まったものが点在している様子はまさにいちごジャム。

これにもう少しとろみがつけば、パンに塗っても違和感ないであろう。

・・・いちごジャム好きな人ごめんなさい(m´・ω・`)m ゴメン…

 

 

この日の処置のおかげで、ちょっとヒリヒリはするけど

鼻が詰まってどうしようもないという状態からは抜け出すことができました。

手術後の一番ひどい状態は抜けたかなという印象です。

 

 

術後の注意点、気になる点など

・お酒は控えてくださいとのこと。

 お酒好きの方にはちょっとつらいかもしれません。

 いつまで控えればいいのか聞くのを忘れたので、今度聞いておきます。

 

・お風呂はほどほどに(たぶん手術当日のみ)

 2日目には普通に髪も顔も洗ってシャワーおもいっきり浴びました。

 

 

・仕事は当日もしくは次の日からある程度問題なくできます。

 ただ鼻水は詰まるしひっきりなしに出るので、集中力は落ちます。

 

おわりに

その後の経過についてはこちら

 

 

pakataro.hatenablog.com

 ↑ふざけてますのでまじめな話ではありません(笑)

 

それではまた。