ぱかたろぐ

なんかもふもふ言ってます

ブログを書く時の口調はどうする?「ですます」?or「話し言葉」? 

f:id:pakataro:20171113134858p:plain

こんにちは、ぱかたろです。

 

最近ブログを書く時に口調に迷うことがあります。

ブログなんだから書きたいように書けばええやん!

との声も聞こえてきそうですが

それとなく気になるところではあります

 

だってこれ決まらないとブログ書けないやん

となってしまわないように今回この問題について考えてみました。

 

 

もしこれを見られいてる方がいるなら

 

・最近ブログを始めたけど、どういうキャラで書けばいいのか迷っている

・そこそこ書いてはきたけど、いまだに口調が定まっていない

 

というような方々かなと思います。

私もそうです。

 

そもそもなぜこんな悩みが出てくるか考えてみると

やっぱり印象が変わるからでしょう。

みんな人から多少はよく見られたいものです。

 

また、せっかく書くからには多くの人に読んでほしい。

そういったことからこの悩みが出てくるのかなと思います。

 

 

結論は何でもいいやん

となってしまいそうですが

(元も子もない)

せっかくなので少し掘り下げていきたいと思います。

 

ちなみにこちらで書いていくのは

個人的な感覚

なので

文章を書く上でのテクニックを書いているわけではない

のでその点ご了承ください

 

 

です・ます調

 

もっとも一般的な表現だと思われます。

 

特徴としては

・丁寧な印象を与える

・読み手を選ばない

・書き手のキャラが出にくい

・少し表現が固くなりがち

 

 といったところでしょうか。

 

一番無難といえば無難ですし、迷ったらです・ますで書いておけば

とりあえずは支障はないのかなと思います。

 

だ・である調

これでブログを書いている人はそんなに多くはないかもしれません

 

特徴としては

・自分の主張を強く述べることができる

・自信が感じられる

・一方的、威圧的に感じることもありそう

・専門的なことに関して述べる場合に合う

・表現としては最も固い印象となる

 

といったところでしょうか。

 

もし私が使うとしたなら

自分が世間に対して思うこと、疑問や問題提起などを述べる場合や

世界情勢、政治や経済について語ることがあれば

ぴったりの表現かもしれません。

 

まぁそんな口調で言えることがあるほど賢くありませんが(笑)

ひたすら世界情勢について語る、そんなブログがあっても面白いなって思いました。

 

話しことば調

~じゃん!~だよね?

マジありえねぇ!!!

など普段話しているような感覚で書いていくやつです。

 

特徴としては

 

・書き手のキャラが最も出やすい

・感情を乗せやすい

・書いているときのテンションをそのまま反映できる

・軽い印象を与えるかも

・読み手を選ぶ可能性もあるが、固定ファンができることもありそう

 

といったところでしょうか。

 

もっとも人間味がでる口調ですので、

自分のテンションそのままに書き殴りたい人にはぴったりでしょう。

 

書いている人のストレス発散には一番役立ちそうです。

 

ブログを書くことが好き!

文章を書くことが好き!

人に書いたものを見てもらうのが好き!

 

という方には一番合っているのではないでしょうか。

 

ハイブリッド調

という名のなんでもあり(笑)

 

~です。

と言っているところもあれば

~じゃん!

と言っているところもあったり。

 

 

私のような雑記ブログなんかだと

書く内容もバラバラで

決まった口調で書くというのも難しい。

 

記事によってどうしてもくだけた表現になったり

固い表現になったり自然に変わってきてしまいます。

なんならひとつの記事の中でもごちゃまぜかも

 

まとめると

それぞれの表現にいいところ、苦手なところがあるので

 

自分の書きたい内容によって

書いているときのテンションによって

見てほしい人に人によって

 

自然に紡いでいく文章を書いていけばいいのではないでしょうか。

 

書いていくなかで「文章を書く」スキルも上がってくるでしょうし

伝えたい内容も、伝えたい相手もある程度定まってくる

 

そのときには自然に合う表現を選択できるようになっているのかなと

今勝手に思っています。

 

あまり口調で悩まずに書いた文章のほうが

その人の「味」がでると思うので

 

多くの人に思うがままの文章を書いてほしいなと

自分もそんな風に書いていきたいなと

思います。

 

あなたがしょうもないと思って書いたことも

意外とどこかの誰かの価値になっているかもしれません。

 

YouTubeの動画で武井壮さんが言ってたことですが

「価値とは求める人の数だ」

 と

素晴らしいこと言いますよね!

 

求める人が一人でもいるならば

少しずつでも増えていくならば

それは価値のあるものになるのでしょう。

 

せっかくの自分を表現するメディアであるブログ

楽しんで書いていきましょう!

 

それでは