ぱかたろぐ

なんかもふもふ言ってます

サンクコストとは?人生で必ず役立つ考え方

こんにちは、ぱかたろです

 

「サンクコスト」

という言葉を知っていますか? 

サンクコストとは

「埋没費用」ともいいます

埋没費用(まいぼつひよう、sunk cost 〈サンクコスト〉)とは、事業や行為に投下した資金・労力のうち、事業や行為の撤退・縮小・中止をしても戻って来ない資金や労力のこと

埋没費用 - Wikipedia

 過去に投資したお金や時間、労力はどうやっても取り戻せないということ

それによって思うような結果が得られなかったとしても、それまでに使ったそれらの資源を取り返そうとしてしまうとしてしまうことがよくあります

 

それを「サンクコスト効果」といいます

 

端的に言うなら

「もったいないと感じて過去を捨てられない心理」というところでしょうか

 

これはどういうことを意味するのか?

具体例を見ればぐっとイメージしやすくなるでしょう

サンクコストの具体例

わかりやすい具体例として次のようなものがあります

つまらない映画を観賞し続けるべきか

2時間の映画のチケットを1800円で購入したとする。映画館に入場し映画を観始めた。10分後に映画がつまらないと感じられた場合にその映画を観続けるべきか、それとも途中で映画館を退出して残りの時間を有効に使うべきかが問題となる。

・映画を観続けた場合:チケット料金1800円と上映時間の2時間を失う。

・映画を観るのを途中でやめた場合:チケット代1800円と退出までの上映時間の10分間は失うが、残った時間の1時間50分をより有効に使うことができる。

この場合、チケット代1800円とつまらないと感じるまでの10分が埋没費用である。この埋没費用は、この段階において上記のどちらの選択肢を選んだとしても回収できない費用である。よってこの場合は既に回収不能な1800円は判断基準から除外し、「今後この映画が面白くなる可能性」と「鑑賞を中断した場合に得られる1時間50分」を比較するのが経済的に合理的である。

しかしながら、多くの人は1800円を判断基準に含めてしまいがちである。

埋没費用 - Wikipedia

 

あなたは心あたりがあるでしょうか

「ついやってしまっていた」

と私は思うところがありました

 

身近なところでいえば

「物を捨てられない」ことがよくあると思います

 

あなたが5万円のソファを買ったとします

何度も悩んで、お財布と相談の上買ったものです

 

しかし、いざ買ってみると

部屋のイメージにしっくりこなかった

思った以上にスペースをとってしまった

 

などの理由で使わなくなってしまった

ということがあるかもしれません

ただの物置になってしまっているかもしれません(実体験あり)

 

「せっかく悩んでけっこうなお金を払ったんだし」

「まだ使うことがあるかもしれないし」

と感じてしまい、過去に使ったお金が今の意志決定の邪魔になっている典型的なパターンです

 

このように過去に使った5万円、買うまでに悩んだ時間が「サンクコスト」です

そしてその5万円にとらわれて捨てることも売ることもできないことを「サンクコスト効果」といいます

 

この場合は

「5万円」

「ソファを使い続けることにより享受できる価値」

を比べてしまっています

このように捉えてしまうと少しでも5万円の元を取ろうと所持し続けてしまうのです

 

ではここではどのように判断するのが正しいのでしょうか

 

ここで比較するべきは

「ソファを使い続けることにより享受できる価値」

「ソファを売る(もしくは捨てる)ことにより得られる空間をほかのことに利用できる価値」

なのです

 

現にソファを使わなくなってしまっているのですから

「ソファを使い続けることにより享受できる価値」はほぼないといっていいでしょう

このように捉えることができれば

即座にソファを処分し、新たな空間を確保することができますし

何より気分がすっきりするでしょう

 

空いたスペースに観葉植物を置いてみれば、ぐっとバランスのとれたインテリアになるかもしれません

これは「必要のなくなった思い切ってソファを処分する」

と決断できた人だけが得られる価値です

 

なぜサンクコストにとらわれてしまうのか

人は損することを回避しようとする傾向があります

これは、人が「得する」ことよりも「損する」ことを強く認識してしまうことによります

数値で言うと約2~2.5倍強く感じてしまう

 

 

これによって「損した」ということを認めることが難しくなり、

損をなかったことにしようとしてしまうのです

 

サンクコストにとらわれないようにする方法

 過去に縛られて今の最適な選択をできないのはもったいないですよね

 

ではどのような心がけをすることで「サンクコストにとらわれないで済む」のでしょうか

 

今どうしたいのかを一番大事にする

冒頭からの例でいうと

「その映画を見続けたいか」

「そのソファを使い続けたいか」

という一点を一番に考えるということです。

 

ついそこに投資したお金、時間を含めて考えてしまいますが

それを抜きにして考えてみることが重要です

 

そのようにシンプルに考えることができれば

おのずと取るべき行動が見えてきそうな気がしませんか?

 

失敗を認める

 失敗を認めるというのは誰しも苦手なことかもしれません

でも人生に失敗はつきものです

 

「失敗は成功のもと」という大昔からのことわざもあるくらいですから

失敗というものは本来素晴らしいものです

 

では失敗を認めるにはどうすればいいでしょうか

次の様に考えてみるのはいかがでしょうか

 

ちょっとした例をあげてみます

あなたはいつもより早起きして規則正しい生活にしようと考えました

しかし、寝坊して結局いつもと同じギリギリの時間に起きてしまいました

 

「失敗したな」と感じてしまいますよね

でも一度立ち止まって考えてください

 

「失敗」を生み出したのは、あなたの「早起きしよう」という前向きな気持ちからなのだ

一歩でも前に進もうとしている、少しでも成長しようとしているからこそ「失敗した」と感じているのだと

 

このように考えれば目を「失敗」って意外といいヤツだと思いませんか?

 

自分の納得のいく決定をする

たとえば映画の例でいうと

ただ流行っているから、などの理由でその映画を見に行っている場合

(とにかく流行を追いかけるのが好きな人は除きますが)

本当に納得しているとはいえません

 

自分の意志としてその映画を見に行きたいを思えたのかどうか

しっかり考えてみるのがいいのではないでしょうか

 

気づいたときに「やめる」「捨てる」のが一番得

ギャンブルに大金を使ってしまった

投資で失敗した

いらないものを買ってしまった

入社した会社がブラックだった

 

などいろんな失敗があると思いますが、

仮にサンクコストにとらわれている場合でも

「あれっ、今のままでいいのかな」と引っかかることがあると思います

 

それは自分の無意識が現状を見直すチャンスをくれているのだと思います

でも表の意識の部分でいろんな理由をつけて正当化してしまうものです

 

「直感」というものは意外と優秀なものなのかもしれません。

その直感を大事に、すぐ行動に移してみるというのが自分に一番の選択となることも多いのではないでしょうか

 

自分を知り、正しい選択をしよう

今回取り上げたサンクコストの話ですが、これはどんな人にもついてまわる感情です

 

しかし「自分はこのように考える癖があるんだ」

ということを知るだけで、より正しく合理的な選択をすることができるようになります。

あなたがよりよい人生を選択できますように。